ファッション

読者が選んだ1位は? 東コレ頂上決戦“T-1グランプリ”結果発表!

 2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」が9月5日に閉幕しました。「WWDJAPAN DIGITAL」は、編集部が選出した全20の候補から、読者投票でNo.1ブランドを決定する“T-1グランプリ”を開催!トップ10をランキング形式で発表します。

【1位】「セイブソン(SEIVSON)」

理由:フェミニンな感じも残しつつシャープでクールな印象も与えられるデザイン。他のブランドと比べた時に一番着たいと感じた/モデルの神原むつえさんの歩きが一番かっこよかった/まっすぐな表現で、可能性をたくさん秘めていると感じたため/ドメスティックブランドには無い刺激的なテイスト。台湾というファッションの歴史が浅い国だからこその闘争心が、シルエットやデザイン、Tシャツのメッセージに込められていた/ヌーディでフェミニンでありながらもカッコ良さを巧みに取り入れたスタイルに心惹かれました。実際にショーを歩かせていただき、このまま着て帰りたいと心から思いました/タイトな服だけど、肌見せやプリーツスカートが優美さをあたえていた/不思議な雰囲気を醸し出すレイヤードと、肌の露出のハードなセクシーさのバランスが魅力

【2位】「UCF」


理由:ホワイトカラーで体にふわりと沿うラインがカッコいい/学生がデザインしたと思えないクオリティー/日本産の生地を使ってるのが魅力的でした/パッと見たときの圧倒的な美しさ。ピュアさと芯の強さが飛び込んできました/学生さんなのですね。「他のデザインも見たい」と思わせてくれるコレクションだと思います/プロが参加する中、学生がコレクションを発表するのは凄い。色がシンプルな分、素材感やシルエットなどデザインが際立っていた/トランスジェンダーな要素がふんだんに組み込まれていた/同年代の洋服に感銘を受けた/カッテイングがよく、シルエットが美しい/フレッシュさを感じるコレクション/従来の西洋の服にとらわれないシルエット/シンプルで繊細なのに迫力あるデザインだった/ミニマルなシルエットで、素材の良さが際立つ。ヘッドピースとのマッチングも素晴らしい/日本の伝統産地素材のみを使用しているのに、"和"の要素が強すぎない/日本の素材の良さを引き立てるクリエイション。学生のレベルの高さに脱帽

【3位】「ナオキトミヅカ(NAOKITOMIZUKA)」


理由:デビューからずっと好きなブランドです/服をリアルで見てみたいと思った/ドレスにキレがあってかっこいい/ロマンチックでかわいい/デザインコンセプトが素敵でした。服もかわいくて大好きです/大振りなフリルが層になっていてスタイル良く見える/遊び心があるのに少しメランコリックな雰囲気がいい。クロマキーというテーマも面白い/個性的なデザインと着やすさを両立していると思う/色、形、独特なスタイルに惹かれました/フリルギャザーがかわいくて、女性らしい。グリーンも素敵です/他ブランドに比べて独創的だと感じた/シンプルな色遣いなのに華やかでかっこいいから/演出のアイデアが斬新だった/削ぎ落とされたミニマルな服ばかりでは面白くない。分量を贅沢に使った昔の童話に出てくるような洋服が好き/世界観が確立されている

【4位】「スリュー(SREU)」

理由:古着をレースやシースルー素材と合わせて、魅力的に蘇らせる技がかっこいいと思いました/メンズパールがいいですね/サステナビリティとデザイン性を兼ね備えているのが良いと感じた/コンセプトが時代に沿っている。コレクションでやりたい内容も明快。会場の音響も良かった/街中を着て歩きたいコレクションでした/服の持つエネルギーが他のブランドと異なるベクトルだった。古着リメイクをこのクオリティまで仕上げてくるブランドなら、もっと注目されるべきたど思う/個性的なだけではなく、デザインが洗練されている。フェミニンさもいいスパイス/カジュアルとモードが融合した唯一無二な雰囲気が素敵/洋服の色とスタイルセンスが抜群に良かったです/インパクトがありつつ自然体な感じが素敵/ごちゃついていないバランス/毎シーズンクオリティが上がっている/これが一番リアルなモードっぽい/センスがいい。今後の期待も込めて

【5位】「リュウノスケオカザキ(RYUNOSUKEOKAZAKI)」

理由:カッケェ/この時代の現状をぶっ飛ばすような迫力と、目に見えない大きなエネルギーを感じた。唯一無二の存在。応援したいです/未来的でもあり、植物のような落ち着いた雰囲気もある。沢山のパーツを重ねているように見えるのに「重そう」とか「着ずらそう」という印象を受けないのもすごい。久々に衝撃を受けました/東京コレクションではあまり見られないアート系の作品。素晴らしかったです/時代を感じさせるまとまったスタイリングが多い中、一味違う世界観に未来を感じました/東コレでは中々見ないブランド。「売れる」や「使いやすさ」が重視される昨今で、ここまで攻め切れるのが凄い/スターが登場した感じがする/プロでもここまでのデザインと形にはなかなか到達できない。素晴らしい芸術作品/奇抜に見えるが、上品さや色味のバランスがあり、他の作品に飲まれない美しさがある。画面越しでも目を引かれ、細かい所まで見入ってしまった。他のコレクションもぜひ見たいと思った/見た瞬間に投票を決めてしまうほどのインパクト/ファーストコレクションということもあり、あまり情報がなかった中でこのコレクション。強い衝撃を受けた。この先、ファッションとアートの融合がどう進化していくかとても楽しみ/夢があり、気持ちが湧き立つファッションを見せてくれた/アートピースではあるけれど、圧倒的な美とファッションの力を感じました/素材の特徴を活かした大胆なデザインと構築的なスタイル、わかりやすいテーマが素晴らしい。今までにいなかったデザイナーであり、クリエーターだと思う/心躍るショーでした/“新しさ”という点で群を抜いていた。静止画での造形美、歩行とともに生じる予測不可能な衣服の揺れ、込められたメッセージの全てにおいて、見て本当に良かったと思えるコレクションでした/誰が作った服かが明確に伝わる。ドレスとしても素晴らしいデザイン。「トモコイズミ」に続いて欲しい/今回のデザイナー陣の中で突出して個性的かつ美しかったです/「イリス ヴァン ヘルペン」を彷彿とさせする生物的なデザイン。でも「イリス」のように「3Dプリンターで作りました」ではなく、素材選びとそれらを活かす技術、そしてモデルの性別まで熟考した上でデザインしている。他のデザイナーとは遥かに異なる独自の美しさを感じます/今回のコレクションはコスチュームチックですが、これを実際に使えるレベルにダウングレードすることも彼にとって容易いことでしょう/常識の壁をゆうに越えてしまう彼の今後がとても楽しみです/低迷したファッション業界にまだ見ぬ表現の希望を見出しました。若き天才の登場に期待を込めて/ファッションとアートラバーにドンピシャなクリエイティビティー。目が離せません/“ファッションとは何か”を考えさせられた

【6位】「カラー(KOLOR)」


理由:好きなブランドということを差し引いても、京急線でのショーは最高!記事の通り、日常と非日常の絶妙な加減が洋服の世界観とうまくマッチしていたと思います/1番印象に残った/発表の仕方が面白かった。かつて「ケイスケカンダ」も井の頭線でショーをやっていました。そのオマージュかどうかわかりませんが、今の時代のリアリティを感じる演出でした/大胆なミックス感に圧倒された/電車というリアルな生活シーンにファッションが溶け込み、コレクションを身近に感じることができた/揺るがないブランドアイデンティティ/インスタで電車でのコレクションを多く見かけた。ユニークな見せ方で、「こういう楽しみを与えてくれるブランドなんだ!」と新しい発見だった。気づいたらECをチェックしていた/蒲田駅という意外性/京急線ジャックなんて粋!いつも以上に着てみたいと思った。とくに3体目と5体目のウィメンズがかわいい/パリでの発表より服がよく見えた気がする。やっぱり東京のブランドなんだと良い意味で思いました/海外にみんな出ていくのではなく、こんな時だからこそ国内をもっと盛り上げて欲しい!と思うコレクションでした/デザイナーの実力と、共感を得る企画力/つい二度見してしまう洋服を作り続けている/ハイブリッドなウエアもポップさが増して、これまで以上に着たいと思わせるコレクションだった/電車でのランウェイというアイデアが秀逸。着て、街に出てこその“服”

【7位】「ミカゲシン(MIKAGE SHIN)」

理由:知性を感じるショーだった。今後の可能性を感じるブランド/ジェンダーレスな
デザインとディテールが好き。SDGsに配慮しているのもいい/大理石の柄がとてもかわいかった/テーマが素晴らしい。そこからつくられる服も素敵/シーズン毎に完成度が上がっている/デザインを大切にしながら、SFGsなどもやれることから取り組んでいく精神に共感します/街中でもこんなメンズウエアを見たいと思った/哲学的なデザインの組み立て方と表現方法が面白い/モデルさんと洋服がマッチして、とても似合っていた。拍手!/ブランドコンセプトに共感する。ジェンダーや環境に配慮したブランドで、これからはデザイン性だけではなくこのような軸でもブランドが評価されていくべきだと思う/メッセージがしっかり伝わるコレクションでした。応援しています/わたしが考える“theファッションショー”って感じでかっこよかった/ファッションの可能性を広げるブランドだと思う/エレガントで詩的なコレクション。引き込まれました/ボーダレスなデザインが今にピッタリだと感じました

【8位】「レインメーカー(RAINMAKER)」


理由:和と洋を合わせたテイストや春夏らしい柄など、ワクワクするデザインが多かった/造形やビジュアルの先にある奥深さ。それを感じるさりげないディテールがよかった/名声や地位にこだわらない、日本的な謙虚な強さを感じました/ブランドの得意とするテーラードが鮮やかな色合いと組み合わさり、とても新鮮でした。ブランド名にある"雨"を想起させる傘が登場していたのも面白かった/「クールで寡黙な男」みたいなムードの映像。服と演出を通してデザイナーの情熱が伝わってきました/瞬きを忘れるくらいにかっこよく、美しく、洗練されたショーだった/自分でも取り入れられそう。すごく好みです/服作りに勢いが感じられた/きれいなスタイリング。海外でも十分勝負できると思う/リラックスした雰囲気のメンズライクな服がとても気に入った/ミニマルながら大胆さも備えていて、素敵なコレクションでした/色彩と形のバランスが素晴らしい/和装を活かしたクリエイションがさらに進化した。色と柄を取り入れたテキスタイルが今までにない鮮やかさで、新たなステージに入った印象を受けた。京都の誇りともいえるブランドです/ファンタジーとリアリティーが両立したコレクション

【9位】「コンダクター(EL CONDUCTORH)」


理由:コレクションを映画で見せるというコンセプトにしびれました/モデル・キャストの起用が最高/リアルクローズでありながらコンセプトがしっかりと伝わってきた/ファッションショー=ランウェイという概念を壊したショートフィルムでの発表。スタイリングも素敵で見入ってしまいました/「コレクションを映画で」という話題性だけではなく、ストーリーもグッとくるものがありました/映画の見せ方はもちろん、シンプルに服の印象が強く残った/映画だからこそ、時代感やリアルな服の動きが見られた/デジタル配信への強い思いを感じた/圧倒的なクリエイティビティー/時代に合わせるのでなく、時代に提示しているスタンス。自由で軽やかなのに、たくましい企画とコンセプトを持っている

【10位】「ハイク(HYKE)」


理由:とにかくかっこいい/今の空気感を感じた/色と形が美しい/デザインが好き/リアルに着用できる。クチュール技術に心を掴まれた「ジュンアシダ」と悩みましたが、時代を越えて着用できる「グリーン」のデザインを踏襲した「ハイク」に一票。今シーズンも店舗に行ってしまいそう/クリエイションが素晴らしい/ミリタリーを「ハイク」らしくアップデートした感じが好き。シンプルなのにシルエットがオシャレ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら