ファッション

釣り具で終わらない「ディーベック」と儚くも強い「ベッドフォード」 読者投票で東コレナンバーワンを決定“T-1グランプリ”予選3日目

 2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」が8月30日に開幕しました。国内外から48ブランドが参加し、4割がリアルショーを行います。「WWDJAPAN DIGITAL」は昨シーズンに続き、ユーザー投票で読者人気1位を決定する“T-1グランプリ“を開催!投票に先駆けて、記者3人がその日に発表したブランドからグランプリ候補を毎日選出します。今日のノミネートブランドはこの3つだ!


小雨の中、自転車でショー取材
はっ水ウエアが欲しい編集長ムラカミ
「ディーベック(D-VEC)」

見どころ:長らく「はっ水や防水・防風のアーバンウエア以外に、もう1つアイデンティティが欲しいなぁ」と思っていたけれど、「ニッポン」の要素が加わり独自性が備わってきました。真っ白なシャツドレスなどにブロッキングしたマリンブルーの生地には、大海原の穏やかな波模様を描いた青海波(せいがいは)モチーフ。何より「ニッポン」の漁師や釣り人のスタイル、水産合羽や“釣ジャン”をタウンウエアに昇華‼︎ウエイトベルト風のボディバッグなど、アクセサリーも工夫していて、フィッシングの「ダイワ(DAIWA)」から生まれたアパレルブランドらしさ、が出てきました!


本日も自宅でデジタル取材
東コレ取材3シーズン目の美濃島
「ノブユキマツイ(NOBUYUKI MATSUI)」

見どころ:テーラリングに定評のある同ブランド。ここ数シーズンはリラックスしたテーラードがトレンドの中、硬さのあるジャケットとコートが連続する攻めの姿勢です。でもインナーにレースを忍ばせたり、淡いストライプのショーツを合わせたりと、絶妙な足し引きで柔らかさを加えます。特にこのロングコートのレイヤードスタイルは、今日の真似したいルックナンバーワン。無造作ヘアも抜け感があっていいです。ちなみにウィメンズモデルも登場しますが、あくまでメンズとしての提案だそう。


7都市のファッションウイークを取材
リポーター大杉
「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」

見どころ:久しぶりに東コレに戻ってきた「ベッドフォード」が、雨上がりの夕暮れの八芳園でロマンチックなショーを見せてくれました。席に着くと、コレクションのテキスタイルで作られた造花が配られて、キュン。ショーでは、透け感のあるグラデーションのコートや、ラメ糸の入ったジャカードのジャケットなどがライトに照らされて輝き、とても美しかったです。女性モデルが着こなすシャツのルックも上品でハンサム。葉っぱや花などの自然のモチーフも、秋に近付く自然を見渡せるロケーションにぴったりでした。naomi tokyo parisの生演奏にもうっとり…。ブランドの印象に強くある儚さを体感でき、リアルで発表する利点が最大限に生かされていたショーでした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら