ファッション

ラブレス青山で古着のラグタグがポップアップ 佐々木拓真選りすぐりのビンテージウエアを販売

 三陽商会が展開するセレクトショップのラブレス(LOVELESS)は、ワールド傘下のティンパンアレイが運営する古着チェーンのラグタグ(RAGTAG)と協業する。セレクト古着を販売するポップアップストア「ザ・エラ・ショップ ディギングアーカイブス(THE ERA SHOP -DIGGING ARCHIVES–)」を7月12日~8月18日に「ラブレス青山」で開く。同セレクトショップで古着を販売するのは初の試みとなる。

 今回のポップアップストアでは、ラブレスの外部ディレクターでNOMAbloc代表の佐々木拓真氏が商品をセレクト。1990 年代~2010 年代の海外コレクションブランドや国内デザイナーズブランドを中心に約250 点(メンズ・ウィメンズ、価格は4900~29万8000円)を販売する。

 ポップアップストアのテーマは"一時代を築いてきた価値あるアーカイブ”で、「さまざまなファッションが溢れている今にこそ、時代を超えても価値のあるアイテムを提案し続けていきたい」(三陽商会広報)という意味を込めた。

■The Era Shop -digging archives– POP-UP STORE
会期:7月12日~8月18日
時間:12:00-20:00
場所:ラブレス青山
住所:東京都港区南青山3-17-11

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。