ファッション

「エイミーイストワール」運営会社が新たなD2Cブランド、初年度15億円を計画

 ウイメンズD2Cブランド「エイミーイストワール(EIMY ISTOIRE)」を運営するドットワンは来年1月、新ブランド「アニュアンス(ANUANS)」をスタートする。ディレクターに中村麻美を起用し、初年度で売上高15億円を計画する。ドットワンとしては、「エイミーイストワール」、初日に4000万円を売り上げた「クレドナ」に続く3ブランド目になる。

 中村麻美は、インスタグラムを中心に活動していたインフルエンサーで、ジャパンイマジネーションが19年9月にスタートした初のEC専業ブランド「カシェック(CACHEC)」の元クリエイティブディレクター。ジャパンイマジネーションが、主力ブランド「セシルマクビー(CECIL MCBEE)」の全店閉鎖を筆頭にした大掛かりな事業再構築を進めるで、今年いっぱいでのブランド休止を決めており、中村も8月でディレクターを辞任していた。現在19万9000フォロワーを抱えている。

 2016年にマークスタイラー出身の藤井亮輔ドットワンCEOがスタートした「エイミーイストワール」は、インスタなどのSNSを駆使した急成長・高収益で知られるD2Cブランド。ドットワンは「アニュアンス」なども含め、今後の新ブランドの立ち上げを計画しており、21年7月期で44億円、22年7月期には売上高70億円を計画している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら