ファッション

「グッチ」が新店舗「心斎橋大丸 グッチショップ」をオープン 西日本で唯一のデコール コレクションも

 「グッチ(GUCCI)」は11月20日、新店舗「心斎橋大丸 グッチショップ」(大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 心斎橋パルコ1、2階)をオープンする。2フロアで展開する売り場面積450平方メートルのスペースで、メンズ及びウィメンズのウエアからハンドバッグ、ラゲージ、シューズ、ジュエリーまで幅広いカテゴリーをそろえる。また西日本で唯一のデコール コレクションを取りそろえたほか限定アイテムも販売する。

 店内のインテリアは落ち着いたデザインのものを採用し、お客が心地よくリラックスできるような空間を創出する。異なるカラーの大理石やウッドの象眼のほか、リベットやジオメトリックパターンが施されたベルベットウォールやアンティークローズを配置。さらにショップの随所に、高級感漂う椅子やラウンドテーブル、ビンテージのオリエンタルラグを敷いた。各フロアにはプライベートスペースも用意した。

 外壁に設置されたアートウォールは、クルド人アーティストのティシュク・バルザンジ(Tishk Barzanji)が手掛けた。同作品は、「グッチ」を代表する“ジャッキー バッグ”をフィーチャーし、進化し続ける都市の日常にテクスチャーとカラーを散りばめ、私たちに輝きをもたらすような世界観を独特の色彩で表現している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら