ファッション

「オークリー」×「フラグメント デザイン」限定アイウエアを大阪心斎橋店で発売 渋谷店は即完売

 アメリカのスポーツ&ライフスタイルブランド「オークリー(OAKLEY)」が、藤原ヒロシが手掛ける「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」と製作したアイウエアの新作限定コレクションを11月14日にオークリーストア 大阪心斎橋店で発売する。

 両ブランドのコラボレーションは今回が5回目で、4つのアイテムで構成される。今年で35周年を迎える“フロッグスキン(FROGSKINS)”モデルに加え、フレームサイズが一回り小さくなった”フロッグスキンXS“モデルをラインナップした。テンプルに「オークリー」と「フラグメント デザイン」のロゴを刻印しており、限定のロゴ入りマイクロバッグが付く。

 また、スノーボードがライフスタイルの一部になっている藤原ヒロシの思いを反映したスノーゴーグルも発表した。“Oフレーム2.0(O FRAME 2.0)”と“フォールライン(FALL LINE)の2モデルがあり、共に風や雪から鼻を保護するノーズガードが特徴で、”Oフレーム2.0“には雪のコンディションや天候に合わせて交換できる2種類のレンズが付いている。「オークリー」独自の機能と「フラグメント デザイン」の高いデザイン性が融合したコレクションは、10月31日に東京・オークリーストア 渋谷店で発売して即完売した。 価格はサングラスが1万9200円と1万7400円、ゴーグルが2万1700円と1万2700円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら