ビューティ

資生堂、鈴木ゆかり常務に代表権 ダイバーシティ促進の観点から

 資生堂は2021年1月1日付の人事を発表した。島谷庸一・代表取締役副社長が退任し、鈴木ゆかり取締役常務が代表取締役常務に就任する。

 鈴木ゆかり新代表取締役常務は、長年にわたりマーケティングやブランド育成に従事し、グローバルブランド「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の成長をリードするなど、プレステージブランドで高い実績を持つ。直近は「クレ・ド・ポー ボーテ」「イプサ(IPSA)」「ザ・ギンザ(THE GINZA)」「バウム(BAUM)」のチーフブランドオフィサーを務めた。経営全般を補佐し事業をけん引することへの期待と、ダイバーシティ促進の観点から今回の決定に至った。女性の代表取締役は08~12年に代表取締役副社長を務めた岩田喜美枝氏以来。

 なお、島谷庸一氏は1月1日に取締役に就く。3月下旬に開催する定時株主総会を経て、任期満了に伴い取締役を退任する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら