ビジネス

ウエラの新CEOに前ゴディバCEO KKRが買収しコティから独立

 ウエラ(WELLA)は最高経営責任者(CEO)にアニー・ヤング・スクリブナー(Annie Young-Scrivner)前ゴディバ(GODIVA)CEOを起用した。スクリブナー新CEOは投資会社のKKRによるウエラの買収が完了したら就任する。なお、KKRはウエラの株式60%をコティ(COTY)から年内に買収する予定だ。現在コティのプロフェッショナル事業部およびリテールヘア事業を率いるシルヴィー・モロー(Sylvie Moreau)も取引が完了するまで現職を務め、その後ウエラはコティから独立する(コティは残りの40%の株式は保有し続ける)。

 スクリブナーCEOはペプシ(PEPSI)でキャリアをスタートして19年勤めたのち、スターバックス(STARBUCKS)で複数のシニアポジションを経験し、2ケタの売り上げ成長を成し遂げた。17年にゴディバのCEOに就任した。KKRでパートナーを務めるティム・フランクス(Tim Franks)は「アニーはコンシューマー市場の経験と多様でインクルーシブなチームづくりを新生ウエラに生かせるだろう」と話し、ナンシー・フォード(Nancy Ford)=KKRマネジング・ディレクターは「彼女のBtoBおよびBtoCビジネスのノウハウ、コンシューマー市場におけるデジタルエンゲージメントの知識は、ウエラのポテンシャルを引き出す」とコメント。

 ウエラは今年創業140年を迎えた。現在従業員6000人を抱え、100カ国以上で25万以上のヘア・ネイルサロンで製品を展開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら