フォーカス

カラーリング後の髪の変化に着目 4種の専用アイテムで美容師とともに進めるカラーケア

 「ウエラ プロフェッショナル(WELLA PROFESSIONALS)」は9月、美容室専売品のカラーケアアイテム「カラーモーション+ 4ウィーク プログラム」を発売した。これはヘアサロンでのカラーリング後、毎週変わりゆく髪の変化に着目し、週ごとに異なる専用ケアをするという新コンセプトの製品。同ブランドによる研究の結果、カラーリング後には“色が不安定で著しく変化しやすい時期”“手触りや滑らかさが失われやすい時期”“パサつきやすくなる時期”“艶感が失われやすい時期”があり、それにピンポイントで対応することで色・質感・艶の整った理想的な髪の状態を保ち続ける。

 また、4種のアイテムを使う時期、使い方などについて美容師のアドバイスを受けてケアを進め、次回来店まで髪の状態を保つプログラムであるため、美容師と顧客との連携が必要不可欠。二人三脚でケアを行うことで、ワンランク上のヘアカラーの楽しみ方を提供するアイテムでもある。

4週間、週1回のケアで
髪の色・質感・艶を保つ

人気ヘアサロン「ミンクス(MINX)」の顧客が
「カラーモーション+
4ウィーク プログラム」を体験

「カラーモーション+
4ウィーク プログラム」を通じて
お客さまとの絆がより深まる

 一般的なカラーケア製品は、どの週でも使う製品は同じで、仕上がり感も同じ。その点「カラーモーション+ 4ウィーク プログラム」は4種類あり、各アイテムごとに使用する目的がピンポイントで、仕上がりも明確にイメージしやすいという点ですごく新しい。

 また、今はヘアカラーもただ“色がきれい”というだけでは満足してもらえない時代。色がきれいで、質感も良くて、艶も出ていて、その状態が長持ちするなど、複数の要素を求めるお客さまが増えている。そうした多角的な要望に対し、専用のアイテムが分かりやすく対応してくれるので、今のニーズにマッチしていると思う。さらに(一般的なカラーケア製品にありがちなのだが)使用後に髪が固くなるというデメリットがなく、普段使っているヘアケア製品と併用できるのでおすすめしやすい。トレンドのブリーチカラーは色落ちを感じやすいので、こういう商品はなくてはならないものになっている。

 4週にわたって、美容師の指示のもとに自宅で使ってもらうアイテムなので、自宅に居ながら「美容師さんの言っていた通り、使ったら質感が良くなった」などと実感してもらえれば、「カラーモーション+ 4ウィーク プログラム」を通じてお客さまとの絆がより深くなることも期待できる。

ライフスタイルに
組み込むことで、
しっかりとしたケアが可能に

 「カラーモーション+ 4ウィーク プログラム」の最大の特徴は、4週間にわたり、毎週異なったアイテムでケアすること。日々のスケジュールに組み込んで、髪の状態の変化を見ながら楽しみつつケアできるアイテムでもある。また「一般的なホームケア製品だと、使うのを忘れてしまったり、最初はきちんと使っていても次第に使わなくなってしまったりするケースも少なくない。その点『カラーモーション+ 4ウィーク プログラム』は使用目的がはっきりしているため、『髪がパサついてきたから使わなきゃ』といった感じで、髪の状態を見て思い出してもらえるので、しっかりとしたケアにもつながる」(佐藤ディレクター)という。ケアすることをライフスタイルの一環にしてくれるアイテムだ。

問い合わせ先
ウエラお客様相談室
0120-411524