ファッション

最新技術を使った“クライアンテリング”を世界最大のシューズ専門店に学ぶ

有料会員限定記事

 コロナ禍で減少した客足が戻らず苦戦するブランドや小売店も多い中、最新の技術を駆使した“クライアンテリング”で業績を伸ばしている靴の専門店がある。ドバイを拠点とする、レベル・シューズ(LEVEL SHOES)だ。

 中東で高級ブランドの流通と小売りを手掛けるシャルーブ・グループ(CHALHOUB GROUP)が運営する同社は2012年、世界最大級のショピングモールであるドバイ・モール(THE DUBAI MALL)に、売り場面積がおよそ9000平方メートルという靴の専門店としては世界最大となる店舗をオープンした。19年には、同店だけで約25万足の靴を売り上げたという。

この続きを読むには…
残り2082⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら