ファッション

コロナ対策サービスを始めたリテールテック企業に聞く、リアル店舗のニューノーマル

有料会員限定記事

 緊急事態宣言が解消され、休業していた店舗も再開し始めている。しかし、刻一刻と変わる状況下で、店舗のオペレーションはコロナ前のようにはいかない。感染拡大を防ぐために、人の密集・密接を避ける対策が求められている。その対策の一助となるべく、店舗内の混雑状況の可視化や来店客の体温計測、行動解析などを行うコロナ対策サービスが続々と登場中だ。いずれのサービスも、AIカメラなどを用いて、リアル店舗のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めてきた企業が主に開発・提供を行っている。それらの中でもアパレル店舗への導入も行っている企業に、「コロナ後のリアル店舗には何が必要になるのか」を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年6月22日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2084⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら