ビジネス

ファスナーの巨人YKK副社長に聞く「コロナ後の世界のアパレル産業」

有料会員限定記事

 予断を許さない状況は続いているものの、ポストコロナに向けた経済活動がようやく本格的に動き出した。新型コロナ禍を経て、世界のアパレル産業はどう変わるのか。高級ブランドからスポーツブランド、ジーンズ、低価格のSPAチェーンまで、世界中の幅広いブランドに年間100億本のファスナーを供給してきたYKKのファスニング部門を率いる、松嶋耕一・取締役副社長ファスニング事業本部長の目にはどう映っているのか。話を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年10月5日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2292⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら