ビジネス

ファスナーの巨人YKK副社長に聞く「コロナ後の世界のアパレル産業」

有料会員限定記事

 予断を許さない状況は続いているものの、ポストコロナに向けた経済活動がようやく本格的に動き出した。新型コロナ禍を経て、世界のアパレル産業はどう変わるのか。高級ブランドからスポーツブランド、ジーンズ、低価格のSPAチェーンまで、世界中の幅広いブランドに年間100億本のファスナーを供給してきたYKKのファスニング部門を率いる、松嶋耕一・取締役副社長ファスニング事業本部長の目にはどう映っているのか。話を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年10月5日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2292⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら