ファッション

スパイバーが米国の穀物メジャーADMから新たに59億円調達、米国に原料工場

 人工タンパク質素材のスパイバー(山形県鶴岡市、関山和秀社長)は、米国の穀物メジャーのアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー(Archer Daniels Midland Company、以下ADM)と提携し、米国に人工タンパク質素材「ブリュードプロテイン(Brewed Protein)」の原料の量産工場を建設する。原料プラントの年産能力は数千トン規模になる。米国の穀物メジャーの全面的なバックアップは、次世代素材の大本命とも言われる人工タンパク質素材の世界規模での拡大につながりそうだ。

 ADMはスパイバーの増資を引き受け、約59億円を出資する。スパイバーは今回の増資で資本金は354億円に、企業価値は1115億円になる。ADMは昨年12月にも43億円を出資しており、今回の増資でゴールドウインを抜き、合成樹脂材料大手のKISCOにつぐ第2位の株主(出資比率9.80%)になる。

 スパイバーは、同社が開発した人工タンパク質素材の原料として、数百トンレベルのタンパク質の製造工場の建設に着手しており、2021年の稼働を計画している。スパイバーが研究開発している人工タンパク質素材は石油を使わず、劇的な省エネプロセスで繊維やプラスチックを製造できるため、1953年に開発されたポリエステルを超える素材革命の本命素材として知られている。

 スパイバーはスポーツ大手のゴールドウインを筆頭に日本の繊維メーカーとも協力し、「ブリュードプロテイン」を使った高機能アウトドアアウター“ムーンパーカ”の発売にもこぎつけており、人工タンパク質素材を使った製品開発を着実に進めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら