ファッション

菌から作った人工レザーがアディダスやケリング、ステラと強力タッグ 米ボルトスレッズ

 サンフランシスコ発のスタートアップ企業ボルトスレッズ(BOLT THREADS)は、菌から作った人工レザー「マイロ(MYLO)」で、アディダス(ADIDAS)とケリング(KERING)、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」、ルルレモン(LULULEMON)との戦略的パートナーシップを発表した。商品開発に向けて協力し、2021年の商品化を計画する。

 2009年設立のスタートアップ企業であるボルトスレッズは人工クモの糸素材「マイロシルク(MYLOSILK)」で知られ、出資者にはシンガポールの名門ベンチャーキャピタル(VC)のテマセク・ホールディングス(TEMASEK HOLDINGS)、グーグルの元CEOであるエリック・シュミット(Eric Schmidt)が設立した投資ファンドであるイノベーション・エンデバーズ(INNOVATION ENDEAVORS)らが名を連ねる。米クランチベース(CRUNCHBASE)によると、累計の資金調達額は2億1300万ドル(約223億円)。

 人工クモの糸では日本のスパイバーが先行しており、ボルトスレッズはこの数年、人工タンパク質技術を活用した人工レザーの開発に力を注いでいた。アディダスとケリング、ステラ・マッカートニー、ルルレモンの4社との提携には、人工タンパク質素材に関する広範囲なもので、ファッション産業におけるリアルレザーから人工レザー「マイロ」へのシフトを狙う。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら