ファッション

菌から作った人工レザーがアディダスやケリング、ステラと強力タッグ 米ボルトスレッズ

 サンフランシスコ発のスタートアップ企業ボルトスレッズ(BOLT THREADS)は、菌から作った人工レザー「マイロ(MYLO)」で、アディダス(ADIDAS)とケリング(KERING)、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」、ルルレモン(LULULEMON)との戦略的パートナーシップを発表した。商品開発に向けて協力し、2021年の商品化を計画する。

 2009年設立のスタートアップ企業であるボルトスレッズは人工クモの糸素材「マイロシルク(MYLOSILK)」で知られ、出資者にはシンガポールの名門ベンチャーキャピタル(VC)のテマセク・ホールディングス(TEMASEK HOLDINGS)、グーグルの元CEOであるエリック・シュミット(Eric Schmidt)が設立した投資ファンドであるイノベーション・エンデバーズ(INNOVATION ENDEAVORS)らが名を連ねる。米クランチベース(CRUNCHBASE)によると、累計の資金調達額は2億1300万ドル(約223億円)。

 人工クモの糸では日本のスパイバーが先行しており、ボルトスレッズはこの数年、人工タンパク質技術を活用した人工レザーの開発に力を注いでいた。アディダスとケリング、ステラ・マッカートニー、ルルレモンの4社との提携には、人工タンパク質素材に関する広範囲なもので、ファッション産業におけるリアルレザーから人工レザー「マイロ」へのシフトを狙う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら