フォーカス

人工クモの糸に500億円出資 アパレル素材革命で何が起きているのか

有料会員限定記事

 ロンドンとパリで、エポックメーキングな2つのプレゼンテーションが披露された。アディダスは7月5日、イギリスのロンドン近郊のウィンブルドンでステラ・マッカートニーとのコラボレーションライン“アディダス バイ ステラマッカートニー”の新作を発表した。パートナーには米シリコンバレー発で人工クモの糸を生産するボルトスレッズ、米シアトル発でコットンを再生してセルロースレーヨンを生産するエヴァニューという、革新的な繊維素材のスタートアップ企業とタッグを組んだ意欲的なプレゼンテーションだった。このわずか4日前にはパリのオートクチュール・コレクションで、日本の「ユイマナカザト」がボルトスレッズと同じ人工クモの糸で知られるスパイバーと組み、ほぼ全てのコレクションピースを、人工クモの糸と同じ原理で生産したタンパク質由来の次世代ファイバーだけで作り上げた、世界初のファッションショーを披露した。(この記事はWWDジャパン2019年7月22日号からの抜粋です)

 この2つのプレゼンテーションは、この数十年で最大のイノベーション時代を迎えている繊維素材を象徴するものだ。日本のスパイバーと米国のボルトスレッズは、商業生産を前にすでに多額の投資資金を集めている。日本のスパイバーは出資や融資、政府機関の研究開発助成なども含めると300億円以上を、米ボルトスレッズも2億1300万ドル(約230億円)もの資金を調達している。

この続きを読むには…
残り1492⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む