ビジネス

ニューノーマルと国道16号線 脚光あびる郊外消費

有料会員限定記事

 オンワード樫山によるオフプライスストア「オンワード・グリーン・ストア」の1号店は、千葉県柏市の近隣型ショッピングセンター(NSC)内にある。9月の開店初日に常磐線の柏駅からバスに乗って取材に向かった。車窓から外を眺めていたら、バスの走る道が国道16号線だと気付いた。ワールドが昨年9月に出店したオフプライスストア「アンドブリッジ」の1号店(さいたま市)も16号線のすぐそばだったし、今年3月の2号店(神奈川県相模原市)は16号線沿いのNSCだった。(この記事はWWDジャパン2020年10月5日号からの抜粋です)

 国道16号線は横須賀、町田、相模原、八王子、入間、さいたま、春日部、柏、千葉、木更津まで東京を囲むように走る。都心から半径30〜40kmの円を描く環状道路の一帯は、都心に通勤する人たちのベッドタウンとして発展した。沿線の市町村の人口を合わせると1000万人超。クルマを移動手段にする住民のためのショッピングセンターやチェーン店が並ぶ光景は、「日本の縮図」「ファスト風土」などと言われ、都市論やマーケティング論、文化論などのテーマになってきた。

 16号線はアウトレットモールの集積地帯でもある。都心の百貨店やセレクトショップと適度に離れているため直接的な競合が避けられるからだ。アパレルブランドの余剰在庫を集めて販売するオフプライスストアを試す立地としては適切なのだろう。

この続きを読むには…
残り1217⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら