ファッション

「ナイキ」が新たなスポーツ施設を豊洲にオープン 多様性やサステナビリティを意識

 「ナイキ(NIKE)」は三井不動産レジデンシャルと共同で新たなスポーツ施設、トーキョー スポーツ プレイグラウンド サポーテッド バイ スポーツ バイ アート(TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART)を10月10日にオープンする(東京都江東区豊洲6-4-1)。入場には「ナイキ」アプリからの事前登録が必要となる。施設のデザインは「ナイキ」と、米国ポートランドのインクルーシブ・プレイグラウンド(年齢や障害の有無にかかわらず多様な人々が遊べるユニバーサルデザインを採用した公園)のデザインをサポートする非営利団体ハーパーズ・プレイグラウンド(HARPER'S PLAYGROUND)が共同で手掛けた。

 総面積約6995平方メートルの同施設は、1周280mのランニングコースやバスケットボールコート、スケートボードプラザ、広場など、さまざまなスポーツを楽しむことができる6つのエリアで構成される。各エリアにはそれぞれ“エア マックス”などの「ナイキ」の代表的なスニーカーに着想を得たグラフィックをデザインした。「ナイキ」のアプリをはじめとするデジタルツールを活用し、施設利用者が一緒にスポーツを楽しむことができる参加型イベントなども開催する。

 設計には年齢やスポーツの経験、障害の有無にかかわらず全ての人がストレスなくスポーツを楽しむことができるインクルーシブデザインを取り入れた。施設内は車椅子での移動にも支障がないように段差をなくし、スケートボードプラザの回転遊具はエリア内の様子を360度見渡すことができるなどの工夫を凝らした。さらにクラブハウス内には使いやすさにこだわったジェンダーレストイレや、車椅子でも利用可能なシャワールームなどを設置した。

 またサステナビリティも意識し、ランニングトラックやバスケットコート、広場のフロア素材には、ナイキ製品の製造工程で発生する廃材や使用済み製品を再利用した“ナイキ グラインドア”を使用した。ラウンジスペースの内装材、椅子やテーブル、小物には、倉庫などの外壁に使われていた板材、家屋解体で発生する廃材、産業廃棄物の木材パレットなどを再利用した。施設内に自動販売機はなく、無料のウオーターサーバーを設置してゴミの削減にも取り組む。

■TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART
オープン日:10月10日
時間:平日 15:00〜21:00 / 土日祝日 10:00〜21:00
住所:東京都江東区豊洲6-4-1

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら