ビューティ

ファッション業界人も知るべきビューティ展望 「販売スタイルの変化に沿ったフロア情報の発信を」

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートしたビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は、百貨店の化粧品売り場で変わりつつある接客法について。(この記事はWWDジャパン2020年9月14日号からの抜粋です)

販売スタイルの変化に沿ったフロア情報の発信を

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の解除後、百貨店のビューティフロアは顧客の肌に触れる、メイクのタッチアップを行うなどの販売のうえで重要なアクションを制限されている。この危機的ともいえる状況の中、化粧品各社を中心にデジタルベースの「非接触型コミュニケーション」への取り組みが急速に進んでいる。

 そごう・西武が立ち上げた「キレイデパート」は、こうしたウィズコロナ時代の動きに対応した情報発信を行っている。月1回のペースで実施されるというライブコマースには、これまで「ランコム」「シュウ ウエムラ」が参加しているが、メイクのデモンストレーションに終わらず店頭やオンラインショップへの誘導施策が組み込まれている点は、肝心の購買に結び付けるために一歩進んだ取り組みといえるだろう。

この続きを読むには…
残り3518⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら