ファッション

伊セレクトショップが「アン ドゥムルメステール」を買収 創設デザイナー本人も関与

 伊セレクトショップのアントニオーリ(ANTONIOLI)は、7月からブランドの売却先を模索していた「アン ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)」を買収した。これによりアントニオーリは、同ブランドのアーカイブや本社、アントワープの旗艦店、パリのショールームを取得する。買収額などは明らかでない。また同ブランドの大株主であったアン・シャペル(Anne Chapelle)最高経営責任者(CEO)もこれを機に退任する。後任は未定だ。

 新しいオーナーになったクラウディオ・アントニオーリ(Claudio Antonioli)は、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」などを傘下に持つニューガーズグループ(NEW GUARDS GROUP)の共同創立者でもある。自らの名を冠したブランドの創設者であるアン・ドゥムルメステールは声明の中で、「アントニオーリはブランドの立ち上げ当初からの“旅仲間”であった。この新しいスタートをうれしく思い、応援する。ブランドは新鮮なエネルギーで満たされるだろう。これからが楽しみだ」と喜びを表現した。2013年にデザイナーを辞任しているアンの関与についてアントニオーリは、彼女がこの取引に深く関わっていることを示唆しながらも「詳細は今後明かしていく」と電話でのインタビューでコメントした。なお7月の段階ではアンの復帰の可能性は否定している。

 アントニオーリは、「アイテムを店舗で取り扱うだけでなく、私自身がブランドを愛用している。私の人生に最も大きな影響を与えたブランドだ。売却先を探していると知ったとき、すぐにアンに連絡して手伝ってもらった。売上高目標は持っていない。ゴールは私の愛するこのブランドを美しく守り、残していくこと」と述べた。今後の方針については、「CEOの役職には別の人物を考えているが、まだ何も決まっていない」とコメントした。

 7月には同ブランドのセバスチャン・ムニエ(Sebastien Meunier)=クリエイティブ・ディレクターが退任を発表しており、後任はまだ公表されていない。新体制でのコレクションは21年3月に行われるパリ・ファッション・ウイークでの発表を計画しているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら