ファッション

カリスマデザイナー退任を乗り越えた「アン ドゥムルメステール」 デザイナーとCEOの絆

 「アン ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)」は1985年のブランド立ち上げ以降、モードとストリートを繊細に融合したスタイルで独自の世界観を築いてきた。2006年には東京・表参道に直営店を出店するなど上り調子だったが、創業デザイナーでありブランドのアイコン的存在だったアン・ドゥムルメステールが13年にデザイナーを辞任したことによって風向きは一変。売上高は一時下降の一途をたどる。

 しかし後任としてデザイナーに就任したセバスチャン・ムニエ(Sebastien Meunuer)とアン・シャペル(Anne Chapelle)CEOが中心となって盛り返し、現在は再び上向きに回復。世界480アカウントの卸先を有し、8店の直営店を運営している。表参道の直営店は16年に閉店したが、2月には代官山のリフト エタージュ(LIFT ETAGE)内に直営店を開き、東京への復帰も果たした。

 同店のオープンに合わせて、ムニエとシャペルCEOが来日した。創業デザイナーの辞任によるブランドの低迷から復活を遂げた2人の間には、深い信頼と絆が生まれていた。

WWD:2018-19年秋冬コレクションでは、モノトーンに徹したウィメンズに対してメンズの鮮やかな色使いが印象的だった。男女で描くイメージは異なるか?

セバスチャン・ムニエ=デザイナー(以下、ムニエ):男女ともに英国の詩人ウィリアム・ブレイク(William Blake)の作品“Songs of Innocence and Experience(無垢と経験の歌)”から着想しています。ウィメンズはパワフルさを演出したかったのでモノトーンにし、メンズは画家としても知られるブレイクの一面を表現するために色を使いました。男女で共通したイメージを持ってはいますが、それぞれデザインのアプローチは異なります。

WWD:そのアプローチとは、創業デザイナーが行なっていたものとは異なるのか?

ムニエ:そうですね。私は男性なので、メンズではまず自分が着たい服をイメージします。対してウィメンズは、ショルダーラインやキーアイテムのシューズから想像力を膨らませ、ウエアのデザインへと発展させています。

WWD:デザイナー就任時と現在で変化したことは?

ムニエ:アンが築いてきたブランドのDNAを残していくことをデザイナー就任当初から最優先にしつつ、私が得意とする刺しゅうや色使いをコレクションに加えてきました。それと少しずつメンズにフェミニンの要素を、ウィメンズにマスキュリンな要素を加えています。これは創業者のアンがやっていなかったこと。プレッシャーや責任は重くなる一方ですが、ビジネスは堅調です。今後もマイペースでブランドを確立させていきたいですね。

WWD:最近メゾンブランドのデザイナー交代が相次ぎ、ストリートのアイデンティティーを持つデザイナーが活躍している。経験者として何を思う?

ムニエ:少し寂しいです。同じブランドとはいえ、外部からデザイナーを招くと別のものが生まれますから。デザイナー交代というのはそれだけ大きなことなのです。私はアンのピュアなDNAを守るため、流行のストリート系ファッションは一切見ないようにしています。今「アン ドゥムルメステール」は流行の中心にはいないかもしれません。でも、ファッションは待つことも重要です。1〜2年前と現在を比べても流行は大きく異なりますし、私たちもまた中心に戻れると信じています。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「職種別DXのトリセツ」でDXを自分ごと化せよ!

WWDJAPAN」1月23日号は、毎年恒例のテック特集です。今年のテーマは“職種別DXのトリセツ“。DX(デジタル・トランスフォーメーション)と聞くと、システムやデータに携わる人が進めるもの、とイメージするかもしれませんが、一人一人が自分ごと化し、日々の業務を見直すことが、DXの本質です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。