ファッション

リユースEC「オアノット」がPOGGYや元コレットのサラらを起用したキュレーションサービス開始

 LOOPが運営するデザイナーズブランドに特化したリユースECモール「オアノット(OR NOT)」はこのほど、著名人によるキュレーションサービスをスタートさせた。「オアノット」で販売している約10万点の商品の中から、キュレーターが独自の視点からピックアップする。

 キュレーターには、ファッションディレクターの小木“POGGY”基史やコレット(COLETTE)の元バイヤー兼クリエイティブ・ディレクターのサラ・アンデルマン(Sarah Andelman)、米百貨店ノードストロム(NORDSTROM)のメンズファッション部門本部長を務めるサム・ロバン(Sam Lobban)らのほか、27万人以上のフォロワーを抱えるインスタグラムアカウント「RAF SIMONS ARCHIVES(@raf_simons_archives)」なども参加する。

 キュレーションサービスの一環として、キュレーターの私物も販売する。私物のデザイナーズブランドをはじめ、ビンテージ衣類や雑誌、アート、おもちゃなど、従来の「オアノット」では取り扱いがなかったアイテムも販売予定だ。

 今後もスタイリストやアーティストなど、さまざまなジャンルからキュレーターを迎えてコンテンツの拡充を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら