ビジネス

断捨離マインドの広がりでコメ兵の宅配買取の新規件数が69%増

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、先行き不透明な中での“巣ごもり”が続いている。「せめて家のなかでは気分よく過ごせるように、この機会に“断捨離”をしよう」といったニーズが広がっており、「無印良品」や「ニトリ」などでは収納用品、掃除用品が売れているという。ブランド品のリユース大手、コメ兵でも“断捨離”マインドの盛り上がりを示すデータが出ている。

 コメ兵では、不要なブランド品を箱に詰めて自宅から発送する「宅配買取」の3月の新規利用件数が、前年同月比42%増だったという。既存客と合わせた全体買取金額は、同13%増だった。「衣料品の買い取りが特に伸びている。家にいながら不要なアイテムが売れてクローゼットを整理できると共に、臨時収入にもなる点が注目されている」と広報担当者はコメントしている。4月以降はこうした傾向がさらに加速し、「宅配買取」の新規利用件数は4月1~16日で前年同期比69%増、全体買取金額は同24%増だった。

 同社では、企業向けに滞留在庫を買い取る「法人買取」も行っている。コロナショックによる営業時間短縮や休業、消費自粛を受け、「キャッシュフローを意識するお客さまが増えている」ことから、同サービスでは通常は契約成立から入金まで3営業日ほどかかるところを、翌営業日に入金するキャンペーンを3月中旬から実施している。「法人買取」の成約件数は、「4月1~20日で、金額、件数ともに前年同期比1.6倍」で推移している。中小のセレクトショップからの依頼が中心だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら