ビジネス

「ニトリ」、新型コロナ下でも快走 今期も増収増益を計画 34期連続へ

 ニトリホールディングス(HD)の2020年2月期決算は、売上高が前期比5.6%増の6422億円、経常利益が同6.3%増の1095億円になり、連結で33期連続の増収増益を達成した(単体では34期連続の増収増益だった)。21年2月期の業績予想でも売上高6532億円(前期比1.7%増)、経常利益1133億円(同3.4%増)を計画し、34期連続の増収増益を見込む。新型コロナの影響で上期の既存店売上高は上期で前年同期比3.8%減を見込むものの、下期は同1.0%増、通期で同1.4%減に抑え込み、新規出店とECでカバーする。創業者の似鳥昭雄ニトリHD会長兼CEOは、「以前から言っているように、不況こそチャンスだ。過去の経験からいくと、建築費が半分になる。7~8年前から考えると今は建築費が倍になっているが、もとに戻っていくとみている。来年、再来年に向けて、投資のチャンスだ。大阪や東京にも土地をいくつか買っており、建築費が下がればすぐに建てることもできるし、新たに土地を買うこともできる。今後は土地も1〜3割下がる。物流センターも含めて、土地と建物に投資するチャンスだ」と語る。

 経済に与える影響はリーマンショック以上かもという見立てもしながらも、「リーマンショック前から値下げ宣言をして2年間で8回値下げをした。けれども、シェアは取れたが全体的に価格が下がりすぎ、安物のイメージが付きすぎて、一部の顧客が離れてしまった。今回は品質、機能をどんどん+していく」として、「よそが真似ができないこと」として、コーディネート提案も現在の40%から毎年10%ずつ引き上げ、最高70%にまで高めたい考え。大人の女性向け衣料ブランド「N+(エヌプラス)」も前期4店舗を出店したが、今期は6店舗、来年からは2ケタ以上出店したい考え。

 20年2月期は、ニトリの快進撃が始まった1988年2月期(売上高103億円、経常利益5億円、経常利益率5.2%、店舗数16店舗)に比べて、売上高は62倍、経常利益は219倍、経常利益率は11.9ポイント高い17.1%、店舗数は38倍の607店舗へと大きく躍進している。

 新型コロナの影響もあったものの、売上高はほぼ期初計画(6430億円)通り、経常利益は期初計画(1060億円)を上回った。売上総利益(粗利益)は同6.9%増3543億円で、粗利率は0.7ポイント向上し、55.2%だった。本業のもうけを示す営業利益は同6.6%増の1074億円、純利益は同4.7%増の681億円だった。

 ホームファッションでは、プライベートブランドの「Nクール」や「Nウォーム」といった季節商品の売り上げが伸長。新商品のベッド下のデッドスペースを活用した収納一体型ベッド「ジオ」は、一時在庫切れが起こるほど好評だった。他にも、体圧分散性に優れた電動リクライニングソファ「ビリーバー」や、自社開発マットレス「Nスリープ」シリーズが好調に推移した。

 既存店売上高は2.8%増で、客数は1.3%増、客単価は1.4%増だった。直近の3月度も、新型コロナウイルス騒動で外出自粛などもあったものの、既存店の客数が13.1%増、客単価が1.9%減で、既存店売上高は10.9%増、全店で14.0%増と好調に推移している。

 オンラインと実店舗の融合や、宅配サービスなどで利便性を向上していることもあり、EC売上高は14.6%伸び、443億円に達した。とくにネット限定の多色・多サイズ商品が好調で、ネット限定商品は40%増で推移した。

 店舗数は国内で36店舗増加し541店舗に。再編中の海外は4店舗を出店し、9店舗を閉店し、66店舗。併せて期末店舗数は607店舗になった。とくに期中は前期に7店舗だった改装を25店舗で実施。白井俊之社長兼COOは「売り場の進化と買い方の進化を主眼に置いた改装を行ってきた。これまで以上にトータルコーディネートを楽しんでもらえるように、スタイル別・コーディネート提案を進めた。時代に即した買い方で、より便利になるように、デジタルカタログ端末の導入や、3Dシミュレーターなども導入した。さらに標準化を進めていく」と語る。

松下久美:ファッション週刊紙「WWDジャパン」のデスク、シニアエディター、「日本繊維新聞」の小売り・流通記者として、20年以上にわたり、ファッション企業の経営や戦略などを取材・執筆。著書に「ユニクロ進化論」(ビジネス社)

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら