ファッション

ニトリが池袋東武に出店 新宿高島屋に続き百貨店に進出

 東武百貨店は、池袋本店の6階に家具専門店「ニトリ」を2017年春開く。売り場面積は約3700平方メートル。池袋本店にとっては9・10階の「ユニクロ」、1・2階の「ギャップ」に続く大型専門店の誘致になる。「ニトリ」の集客力に期待する東武百貨店と、都心への出店攻勢を強めるニトリホールディングスとの思惑が重なった。

 「ニトリ」が出店する6階は現状、リビング、美術工芸、時計・宝飾などの売り場になっている。東武百貨店は電鉄系の百貨店として沿線価値を向上するとともに、幅広い客層を取り込む「テナントミックス型新ターミナル百貨店」を掲げている。同社では導入の理由について沿線の住民や池袋駅利用者の利便性の加え「既存のお客さまにとっても品ぞろえの幅が広がり、より満足いただけるものと期待する」としている。特に家族連れや一人暮らしの若者層への集客に結び付けたい考えだ。

 一方のニトリHDはこれまで郊外のロードサイド立地に出店してきたが、最近は都市部への出店を積極的に進めている。15年春にプランタン銀座に開いた店舗は、当初予定の2倍の売り上げをたたき出し、来年春には館の大規模改装に伴い、2フロアに増床する。また今月16日には中目黒のバルス東京跡地に新店を開いた。12月には新宿のタカシマヤタイムズスクエアの紀伊国屋書店跡地に出店することも決まっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら