ビューティ

美容誌2020年上半期のベストコスメ発表 「ランコム」の「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」が圧倒的存在感

 美容4誌、「美的」「ヴォーチェ(VOCE)」「&ロージー(& ROSY)」「マキア(MAQUIA)」の2020年上半期ベストコスメが出そろった。ランキングではスキンケアで、「ランコム(LANCOME)」の「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」が存在感を示したが、そのほかベースメイクで「ローラ メルシエ(LAURA MERCIER)」のクッションファンデーションのラインキングが目を引いた。

「美的」

 小学館の「美的」で総合1位に輝いたのは、「ランコム」の化粧水「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」、2位にポーラのプレステージブランド「B.A」の日中用クリーム「B.A ライト セレクター」、3位に「ローラ メルシエ」のクッションファンデーション「フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション」、4位に資生堂のグローバルブランド「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の保湿クリーム「ラ・クレーム」、5位に「ヘレナ ルビンスタイン(HELENA RUBINSTEIN)」のエイジングスキンケアライン“プロディジー CELグロウ”から「エッセンス ファンデーション」がランクインした。

「ヴォーチェ」

 講談社の美容誌「ヴォーチェ(VOCE)」では、スキンケア部門最優秀賞に「ランコム」の「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」、優秀賞に「コスメデコルテ(DECORTE)」の美白美容液「ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト」が選出された。また、メイク部門では最優秀賞に「ローラ メルシエ」の「フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション」がランクイン。優秀賞に「ディオール(DIOR)」のリップバームグロス「ディオール アディクト リップ グロウ オイル012」が選出された。

「マキア」

 集英社の美容誌「マキア(MAQUIA)」では、ベスト・オブ・ベスト大賞に、「ランコム」の「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」が選ばれた。ベスト・スキンケア部門には、「クレ・ド・ポー ボーテ」の「ラ・クレーム」、ベスト・メイクアップ大賞に「ローラ メルシエ」の「フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッション」が選出された。

「&ロージー」

 宝島社の美容誌「&ロージー(& ROSY)」は、ベスト オブ メイクアップコスメ部門1位に「NARS」の「ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション」、2位に「シャネル(CHANEL)」のフェイスカラー「ボーム エサンシエル スカルプティング」、3位に「スック(SUQQU)」のパウダーアイシャドウ「トーン タッチ アイズ」がランクインした。同スキンケア部門では、1位に「ランコム」の「ジェニフィック アドバンスト N」、同率2位に「オバジ」の「C25セラム ネオ」、3位に「クレ・ド・ポー ボーテ」の美容液「ル・セラム」がランクインした。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら