ビューティ

美容賢者が選ぶ2018年ベストコスメ 各雑誌の大賞を一挙公開

 年末恒例となった、各美容誌のベストコスメが出そろった。話題性の高いブランドのデビューや人気ブランドの大型製品発売など、2018年は特にビューティファンの注目を集めるトピックスが多かった。そんな背景を受け、各誌が表彰したベストコスメはバラエティ豊かなラインアップとなっている。そんな美容誌3誌とファッション誌1誌のベストコスメをお届けする。ちなみに、「WWDビューティ」2018年12月27日・19年1月3日合併号では、美容ジャーナリストや美容家、百貨店化粧品バイヤー、ヘア&メイクアップアーティスト、美容編集者など33人の選考委員の協力を得て、18年下半期(7月~12月)に発売された製品を対象にしたベストコスメを発表。こちらもぜひチェックを!

「美的」2018年ベストコスメ

 小学館の美容誌「美的」は、2019年1月号で18年のベストコスメを発表した。今回の結果では、総合ランキング上位3位を国産ブランドが占めた。しかし、ポイントメイク製品に限って言えば、外資ブランドの存在感が強かった。

「ヴォーチェ」2018年ベストコスメ

 講談社の美容誌「ヴォーチェ(VOCE)」は、「ヴォーチェ ベスト コスメティックス アワード2018(VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2018)」を発表した。ヘア&メイクアップアーティストや美容家、美容編集者など総勢58人が審査を行った。リップスティック部門やファンデーション・ベース部門、プチプラ部門まで、全10部門でそれぞれ1位を選出した。

「マキア」
2018年下半期ベストコスメ

 集英社の美容誌「マキア(MAQUIA)」は2019年1月号で、18年下半期のベストコスメを発表した。美容ライターやヘア&メイクアップアーティスト、美容家、美容ジャーナリストなど、美容賢者60人が各部門からベストコスメを選出した。今回の結果では、国産コスメブランドが多くの部門で1位を獲得した。

「ヴォーグ ジャパン」
2018年ベストコスメ

 「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」は、ファッションやモードな観点からその年の優れた化粧品を選出する「ヴォーグ・ビューティー・アワード(VOGUE BEAUTY AWARDS以下、VBA)」を発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら