ファッション
連載 YOUTH

モデルの浪花ほのかと元SKEの平松可奈子がそれぞれ新ブランド立ち上げ

 ECコンサルティング事業を手掛けるMyColor(森下将憲代表取締役)はこのほど、オスカープロモーション所属の浪花ほのかと平松可奈子それぞれをブランドプロデューサーに迎えた新ブランドを立ち上げた。

 浪花ほのかはファッション雑誌「ポップティーン(Popteen)」の専属モデルを務め、彼女のスタイルがファンから支持を集めていたことから今回、新ブランド「ティアレクローゼット(TIARECLOSET)」の立ち上げに至った。浪花は「“ティアレ”とはタヒチの国花に指定されている私の好きな花の名前です。花言葉は幸福。初めてのブランドということで、少しでも皆さんに幸福をお届けできたらいいなと思い名づけました」とコメントした。

 元SKEメンバーの平松可奈子はこれまでにもライフスタイルプロデューサーとして活動し、ブランドプロデュースを手掛けてきた。今回の新ブランド「シュエット ラテ(CHOUETTE LATTE)」では、身長152cmと小柄な平松が服を着るとスタイルダウンしてしまう自身の経験から、どんな体形の女性にも寄り添うアイテムをコンセプトに掲げる。平松は「“Chouette”はフランス語で"素敵”。“latte”は大好きなカフェラテからとりました。私はモデル体形ではありません。そんな私が感じてきた"服へのストレス"をブランドを通して向き合うとともに、体形が気になり自信をなくしてしまう、自分に合う服がわからない、そんな女の子たちに寄り添いトキメキを与え、素敵になるお手伝いができればと思っています」とコメントした。

 ブランド統括は松田有史MyColorエグゼクティブプロデューサーが執り行う。今後はそれぞれがSNSを活用してブランドの周知および商品リサーチを行い、商品はECを主軸とした完全受注販売となる。また、ファンとの交流を深めるポップアップイベントなども予定してる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。