ニュース

ローラがサステナビリティを意識したライフスタイルブランドを開始 第1弾はヨガマットやTシャツなどのワークウエア

 モデルのローラは6月5日に、“essentials for a good life” をスローガンに掲げたライフスタイルブランド「ステュディオ アール スリーサーティー(STUDIO R330)」をスタートさせる。

 同ブランドはかねてより環境問題に関心を寄せていたローラの、「地球にも⼈にも優しいことを、できることから少しずつ始めていきたい」との思いから始まった。全てのクリエイティブをローラ自身が監修し、サステナブルな素材にこだわったトレンドに左右されないアイテムを提案していく。

 第1弾となる今回は、スポーツブラ(9500円〜)、Tシャツ(6500円〜)、ジャケット(2万8000円)、ヨガマット(7500円)などのワークアウトウエアをそろえた。スエットやTシャツにはオーガニックコットンを使用。ボマージャケットはシルエットにこだわり、長く着られるようにリバーシブル仕様になっている。

 また、日本環境設計が主催するリサイクルプロジェクト「BRING」と共同で、リサイクルポリエステルを使⽤したブランドオリジナル⽣地を開発し、全体の8割以上に「BRING」のサプライチェーンで作られた素材を使用している。ヨガマットはリサイクル可能なTPE素材を使用し、軽量で耐久性にも優れた作りになっている。タグやひもには100%FSC承認材を、パッケージは再生可能なリサイクルポリエステルを100%使用した。発送用ボックスには通常廃棄されるカカオ豆の皮を配合した再生紙を使用するなど、細部にまで環境に配慮した工夫を施した。

 ローラは「これは私が今までの⼈⽣で培ってきた経験と感性を信じて、サステナブルかつ良質なプロダクトを発信していく新しい形のライフスタイルブランド。 素材やその背景にあるストーリーを⼤切にし、⼼がわくわくすること、そしてポジティブで⾃信に満ちあふれることの素晴らしさ、同時に環境にも配慮して⼀緒に地球の未来に貢献できるようなことをしたい。そんな想いから、このブランドの⽴ち上げを決めた。私たちが本当の意味で幸せだと感じることができるコミュニティーを、みなさんと⼀緒に広げていきたい」とコメントした。