ファッション

ビューティ秋冬新作発表会はオンラインで 覆面座談会も開催

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスの影響を受けて化粧品業界でも3月ごろから、人の密集を避けるために多くのイベントの中止が余儀なくされている。例年であれば6・7月は秋冬の新作発表会が開催される時期だが、秋冬の新作発表会に関するアンケート調査をメーカー14社に行ったところ、ほぼ全てのブランドがオンラインで行うという回答だった。緊急事態宣言は解除されたものの、当面の間はオンラインを活用した取り組みが続くことが予想される。(この記事はWWDビューティ2020年6月4日号からの抜粋です)

 「オンラインにおいても斬新かつ製品の訴求を明確に伝えられるように」「従来の発表会のような対面での方式にとらわれず、デジタルツールなどを活用し情報を個別に届けることも検討中」とオンラインでの発表会に力を入れようとするブランドもあれば、「オンラインでの発表会を中心に検討しているが、情勢が落ち着き万全な体制となったら、実際に試せる発表会を検討していく」とあくまでもオンラインでの発表会は一時的な措置とするメーカーもあった。現状のオンライン発表会は多くのブランドが事前に商品や資料を発送し、当日はオンライン会議システムZoomやMicrosoft TEAMSを利用するというものがほとんどを占める。

この続きを読むには…
残り2694⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら