フォーカス

「ブライトリング」が日本版ECをスタート 時計業界のEC化は進むか?

 スイスの時計ブランド「ブライトリング(BREITLING)」は4月2日に、日本でのオンラインストアをオープンした。3月末に発売したEC限定モデルの“トップタイム リミテッドエディション”(54万円)やストラップを販売している。ブライトリング・ジャパンの谷口真愛プレスは「今後、新作の時計も順次発売する」と話す。「ブライトリング」は現在スイス、アメリカ、英国、中国、日本でEC販売を行っており、「今後も拡大を図る」という。

 この週末も各地で外出自粛が要請される中、ECは閉塞感打破の一手だ。しかし、時計業界は一筋縄ではいかない。“卸先とのバッティング問題”があるからだ。「ブライトリング」も現状、ECで販売する時計は1モデルのみだ。では先行する国はどうか?広大な国土を持つアメリカは、日本のようにどこに住んでいても1時間圏内で実機を見られる環境になく、コピー商品が横行する中国では偽物をつかまされないために公式ECで購入したいなど、さまざまなお国事情が絡んでいる。

 新年度の始まりは、時計需要が高まるシーズンだ。鬱屈とした雰囲気を打ち破ろうと購買意欲も高まるかもしれない。そんなとき、新客獲得のためには一つでも多くのチャネルがあった方がいい。もちろん高額品を実際に目にしたり触れたりせずに購入することのハードルはあるが、既得権の保守にとらわれず、ピンチはチャンスととらえて、業界全体が“壁”を乗り越えることが発展につながるはずだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら