ニュース

「エンフォルド」が海外で新展開 植田みずきが語るパリで初のプレゼンテーションを行った理由

 「エンフォルド(ENFOLD)」は2月29日、パリでブランド初となるプレゼンテーション形式でコレクションを発表した。会場となったのは、「エンフォルド」の海外ビジネスパートナーであるトゥモロー(TOMORROW)のショールームだ。

 会場の中心にはタイツで覆われたミロのヴィーナス像を設置し、展示されたコレクションピースもバラの花やフルーツと一緒にタイツで覆い隠すことで、年齢を重ねるにつれて輝く内側の美しさと、日本の「隠された美」という美学を重ねたブランドコンセプト、“hidden beauty”を表現。改めて海外に向けて打ち出した。

 プレゼンテーションに登場したのはダンサーのアオイヤマダ。彼女もタイツとコレクションピースで体を覆い、即興でダンスを披露した。なお、別会場のトゥモローのショールームでは展示会も行なった。

 2012年設立の「エンフォルド」は14年にパリで初めて展示会を行い、これまで展示会形式でコレクションを見せてきた。また日本のほか、上海のITやロサンゼルスのフレッドシーガル(FRED SEGAL)、ロンドンのリバティ(LIBERTY)でもインスタレーションは行ってきたが、プレゼンテーション形式でコレクションを見せたのは初めてだ。

 このタイミングでプレゼンテーション形式で発表した理由について、植田みずきクリエイティブ・ディレクターは、「エンフォルド』は国内の主要百貨店ではほぼ取り扱いがある。今後、海外でブランドを拡大することを視野に入れ、まずはパートナーであるトゥモローのショールームで、ブランドコンセプトを表現するプレゼンテーションを行うことにした」と語る。ブランドは21年に設立10年を迎えるが、これに向けてまずはブランドを知ってもらうことが狙いだ。今回をプレゼンテーション第一弾とし、今年9月からは規模を少しずつ拡大する形でコレクションを披露したいという。今後、ランウエイショーでコレクションを見せる可能性について植田クリエイティブ・ディレクターは、「ランウエイショーへの憧れはあるけど、ものすごくお金がかかる(笑)。まずは身の丈にあった形でコレクションを見せ、徐々に大きくしたい」とコメントした。

 パリでも新型コロナウイルスの感染拡大でショーをキャンセルするブランドが出る中での発表となったが、「そもそも(パリに)行っていいのか」と悩んだという。しかし「チャンスを逃せないと思った」とプレゼンテーション実施を決め、必要最小限のチームで渡航し、最大限の効果を発揮できるように万全の準備を整えた。当初館全体を使って実施予定だったプレゼンテーションも一部の部屋を使うように変更した。また多くの中国人バイヤーが渡航をキャンセルしたが、来場できなかったバイヤーにはラインシートやコーディネートを組んだ状態でモデルが着用した写真などを送ることでフォローし、可能であれば一部サンプルも送る。生産に関しては、生産をほとんど日本国内で行なっているため、影響はあまりないが、一部の中国で生産しているアイテムには影響が出そうだという。