ファッション

「ルイ・ヴィトン」がビジネスバッグの新ライン ヴァージルが働く男性の“定番”を再解釈

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メンズのビジネスバッグの新ライン“ニュー・フォーマルズ”を2月28日に発売する。伝統のトランクのDNAを受け継いだ“ソフト トランク・ブリーフケース”(予価41万2000円)や高級感のあるトリヨンレザーを用いた汎用性の高い“カバ・ビジネス”(同45万6000円)、ファスナーで開閉する“サックプラ・ホリゾンタル ジップ”のレザー(同38万5000円)とキャンバス(同26万3000円)の4種をそろえる。

 働く男性にとって定番品であるブリーフケースをメンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が再解釈。バッグメーカーとして創業した同ブランドの確かな製法とキャッチーなディテールを融合し、機能性と高級感を兼ね備えたタイムレスなビジネスバッグとして提案する。

 ヴァージルは現職に就任以降、ウエアの“ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン”やレザーグッズの“ニュー・クラシックス”、そして“ニュー・フォーマルズ”とさまざまな定番ラインを立ち上げている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら