ファッション

アダストリアが営業利益予想を上方修正 値引き抑制で粗利改善

 アダストリアは26日、2020年2月期連結業績の利益予想を上方修正すると発表した。前期(19年2月期)に苦戦していた「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」「ローリーズファーム(LOWRY’S FARM)」といった主力ブランドが回復し、「ニコアンド(NIKO AND…)」などその他のブランドも総じて好調に推移した。天候不順や自社ECモール「ドットエスティ(.st)」の不具合の影響で売上高の予想は下回ったが、値引き抑制によって営業利益や純利益は予想を上回るという。

 修正後の予想は、売上高2230億円(当初予想は2250億円)、営業利益120億円(同100億円)。自社ECの不具合の原因となったソフトウエアに関する減損処理に伴い、特別損失15億1100万円を計上するが、純利益は当初予想を5億円上回る65億円になる見通し。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら