フォーカス

“ライフスタイル系”ブームを経ても好調 「ニコアンド」のワクワクする店作り

有料会員限定記事

 アダストリアの「ニコアンド」がステップアップの時を迎えている。12月中旬に中国・上海に旗艦店を出店すると共に、国内では店舗の大型化を進める。10月には、愛知県・名古屋市のショッピングセンター(SC)、モゾ ワンダーシティに国内最大となる約1980平方メートルの店舗を新規出店した。2007年にブランドをスタートし、12~13年頃に世の中で“ライフスタイル系”が一大ブームとなると、その市場を象徴するブランドとして成長してきた。原宿の旗艦店は14年の開業以来、年間売り上げが前年を下回ったことが一度もないという。浮き沈みの激しいファッション業界で、「ニコアンド」が支持され続ける理由を探った。(この記事はWWDジャパン2019年11月18日号からの抜粋です)

 18年3~8月、アダストリアの業績は急激に落ち込んだが、その際も「ニコアンド」は売り上げを保ち続けた。19年2月期のブランド売上高は309億円、国内期末店舗数は139で、アダストリアでは「グローバルワーク」に次ぐ規模。切り札的な存在だからこそ、同社としては仕切り直しであり、もう負けられない中国事業も「一番勢いがある『ニコアンド』で勝負することに決めた」と北村嘉輝・取締役は話す。

この続きを読むには…
残り2127⽂字, 画像2枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら