ファッション

「ルイ・ヴィトン」が人気オンラインゲームの「リーグ・オブ・レジェンド」から着想を得たカプセルコレクション

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は米ゲーム会社のライアットゲームズ(RIOT GAMES)とのパートナーシップを記念したカプセルコレクション“ルイ・ヴィトン × リーグ・オブ・レジェンド”を発表した。12月9日から公式ECサイト限定でプレオーダーを受け付け中だ。

 同コレクションは、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターが、ライオットゲームズのデビュー作である人気オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の世界観から着想を得て製作したもの。ゲームの主人公のキヤナをプリントしたTシャツ(8万2500円)や、コラボならではのブルーとシルバーのアクセントを加えたモノグラム・パターンのセットアップ(フーディー29万5900円、パンツ19万6900円)、スキューバーのようなジャージー素材を使用したクロップド丈トップス(13万900円)などをそろえる。そのほか、同モノグラム・パターンを施した“バムバッグ”(22万7700円)や“ネヴァーフル”(22万2200円)などのアイコンバッグ、スニーカーの“LVアークライト”(13万9700円)などが登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら