ニュース

「H&M」 × ビリー・アイリッシュ オフィシャルロゴ“ブローシュ”を用いたTシャツやスエット

 「H&M」は2020年1月2日、米国の若手女性アーティストのビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)とのコラボコレクションを発売する。同コレクションは、ビリーのオフィシャルロゴ“ブローシュ(BLOHSH)”と彼女がよく着用するオーバサイズシルエットを用いて製作した。「H&M」限定店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

 アイテムは、スエット(2999円)やTシャツ(1799円)、パーカ(3999円)、スエットワンピース(2999円)のほか、ニットキャップ(1299円)やバケットハット(1299円)、ソックス(599円)、ウエストバッグ(1799円)などをそろえる(価格は全て税込)。

 また、アートディレクター兼3Dメイクアップアーティストのイネス・アルファ(Ines Alpha)が、今回のキャンペーンビジュアルからスナップチャットの限定フィルターまで手掛けている。

 エミリー・ビョーケンハイム(Emily Bjorkenheim)=「H&M ディバイデッド(DIVIDED)」デザイン責任者は「同コレクションの発表をとても楽しみにしている。ビリーのファッションや自分の価値観を世の中に表現する姿は、世界中の多くの人たちから支持されていて、彼女自身のスタイルを自由に表現する力を感じてほしいと考えている」と語る。

 アルファは「3Dメイクにはほとんど終わりがなく、自己表現のさらなる可能性を提供することで、美とメイクアップの限界を押し広げようとするものだ。同コレクションのキャンペーンビジュアルは、他の惑星の世界観と融合してこの世界に色と楽しさをもたらしたいと思い製作した」とコメント。

 また、同コレクションの先行ショッピングイベントを東京都内で12月26日に開催する(抽選で40組80人)。応募方法は、「H&M」の公式ツイッターアカウントをフォロー&リツイートして、メンバーアカウント内の特典ページから必須項目を入力。応募期間は12月10日から17日まで。

 ビリーは米カリフォルニア生まれのアーティスト兼モデルの17歳で、EDMやヒップホップなどのジャンルの垣根を越えた音楽性が特徴だ。今年8月末に発売した「ベルシュカ(BERSHKA)」とのコラボでは、商品が即日完売となって9月末に再販売が決まるなど、注目度の高さがうかがえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら