ニュース

「サマンサ タバサ」が新ライン 本格バッグで“現代の可愛い”を表現

 「サマンサ タバサ(SAMANTHA THAVASA)」は、新ライン“ST シリーズ”を発売する。ブランドイニシャルの “S”と“T”を組み合わせた新エンブレムをあしらい、パターンメイキングから素材選定、持ち心地までこだわった本格派バッグをそろえる。価格は2万1000〜3万8000円。11月22日にオープンする新生・渋谷パルコの「サマンサタバサ」で先行販売し、11月末から全国のショップおよび公式オンラインストアで扱う。

 2ウエイ仕様のハンドバッグ、トートバッグ、ショルダーバッグの3型をそろえ、それぞれ自然な風合いのレザーとクロコダイル調の合皮レザーで提案する。エンブレムはゴールドで上品に仕上げ、アイラインをイメージしたステッチで女性のセクシーさを表現した。ほどよい持ち心地をかなえるために長さと幅にこだわったベルトをはじめ、ルックスのよさと使いやすさを兼ね備えている。レザータイプはブラック、グレージュ、キャメルの3色、合皮レザータイプはブラック、オフホワイトの2色を用意する。さらには、エナメルレザーを用いたクラシックなショルダーバッグもラインアップ。エンブレムはマットな質感でクラシカルに仕上げ、ワインレッドとダークブルーの落ち着いたカラーリングをそろえた。

 広報担当者は「“可愛い”の定義は時代によって変化する。25周年を迎えたわれわれは新ラインを通して、“自分に自信を持ち、自然体でしなやかに生きる女性の可愛い”を発信する」と語る。