ニュース

サマンサの3〜8月期は4億円の最終赤字

 サマンサタバサジャパンリミテッドの2019年3〜8月期は、売上高が前年同期比13.2%減の121億円、営業損益が2億8800万円の赤字(前年同期は5億3000万円の黒字)、純損益が4億3700万円の赤字(同2億9800万円の黒字)だった。

 低採算店舗の閉鎖を進めた結果、店舗数が純減18の315店舗になり売上高が縮小した。台風・豪雨による集客低下で既存店の売り上げも伸び悩んだ。ECの売上高は、前年同期を上回った。在庫削減による原価率上昇を受け、粗利益率は前年から4.4ポイント悪化し、営業赤字へ転落した。

 18日に行われた会見で藤田雅章社長は、「直面する在庫問題を解消し、健全な経営体制をつくる」とコメント。渡邊貴美取締役最高執行役員(COO)は、「新たなECのプラットフォーム構築に向けて準備を進めている。EC事業のさらなる成長を目指す」と語った。

 20年2月期は、売上高が260億円(前期比6.2%減)、営業利益が2億円(同66.9%減)、純利益が1億円を見込む。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら