ビジネス

黒字化に成功したサマンサ 創業25周年を目前に改革を図る

 2018年3~8月期連結決算で営業損益の黒字化に成功したサマンサタバサジャパンリミテッドは、“原点進化”をテーマにさらなる改革を進める。

 同社は今期、不採算店舗を中心に店舗削減を続けてきたが、連結子会社バーンデストローズジャパンリミテッドやエスト傘下の「スウィングル(SWINGLE)」や「レストローズ(L’EST ROSE)」をはじめとするアパレルブランドの店舗については今後、出店数を増やしていく。

 また、EXILE TRIBEの白濱亜嵐らを起用したウェブドラマを制作したり、公式アプリ上でスタッフと顧客間で相互コミュニケーションを取ることができる機能を実装するなど、これまではテレビに比重を置いていたコマーシャルをSNSやウェブにシフト。この結果、広告宣伝販促費は前年同期比46.8%減を達成した。18年3月には中国最大の決済サービス「アリペイ」とビットコインによる決済サービスを導入するなど、ECにも注力していく。

 同社は人材育成にも力を入れる。接客ロールプレイング大会の実施や寺田和正・会長兼社長による販売スタッフ1500人との面談を行った他、通常付与される賞与とは別に、特別報酬制度「ドリームボーナス」を新設するなど、社員のモチベーションアップに努める。

 なお、同社は2020年に創業25周年を迎えることから、20年3月期から新規プロジェクトを立ち上げる。概要発表は11月の予定で、寺田会長兼社長は「原点進化した『サマンサ』を見せる。下期も非常に大事な時期だと考える」と意気込みを語った。同社は19年2月期連結決算の業績予想を上方修正こそしたが、下期については当初の見通し通りと慎重な姿勢を見せる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。