ビジネス

コナカがサマンサを持分法適用関連会社化

 紳士服専門店のコナカは、サマンサタバサジャパンリミテッドの株式31.3%を取得する。コナカの湖中謙介社長個人が所有する株式を会社として取得し、サマンサを持分法適用関連会社にする。

 湖中社長は6月21日、サマンサの創業者で前社長の寺田和正氏が保有する62.6%の株式の半分を取得し、寺田氏に並ぶ筆頭株主になった。コナカは、サマンサとのシナジー効果の検討や企業調査を実施。同社への出資が企業価値向上につながると判断し、今回の株式取得を決めた。株式取得日は9月末の予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら