ファッション

「サマンサ モスモス」から新レーベル デザイナーは「カトー」創業者の加藤博と宇和川恵美子

 ストライプインターナショナル傘下のキャンが展開する主力ブランド「サマンサ モスモス(SAMANSA MOS2以下、SM2)」が新レーベル「サマンサ モスモスリズム(SM2RHYTHM)」を立ち上げた。“クールナチュラル”をテーマに、「SM2」を象徴するレースや刺しゅうなどガーリー要素をそぎ落としたシンプルでベーシックなアイテムをそろえる。価格帯は6990~9990円で、リネンレーヨンのワンピースやドビー織りのストライプシャツ、アウター、ボトムスなど素材にもこだわった全16型を展開。30代の主婦層にアピールする。18日から「SM2」店舗で販売しているほか、22日からは自社ECサイトでも取り扱う。

 新レーベル立ち上げにあたっては、デニムを中心としたアイテムを展開しているメンズブランド「カトー(KATO)」の創立者である加藤博と、妻の宇和川恵美子を同レーベルのデザイナーとして迎えた。宇和川恵美子はウィメンズブランド「グランマ ママ ドーター(GRANDMA MAMA DAUGHTER)」のデザイナーで、今回が夫婦で手掛ける初のアイテムとなる。

 今回の新レーベルをきっかけに、新規顧客の開拓とブランド認知度の向上を図る狙いだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら