ニュース

資生堂がデジタルでカウンセリングを疑似体験できる場を提供

 資生堂は11月1日、浜松町に設けたショールーム「S/PRESS」内の大型タッチパネルで、ビューティコンサルタント(BC)からカウンセリングを受けているような体験ができる「ビューティー・クラウド・コンサルタント」の運用を開始した。デジタルでのカウンセリングを疑似体験する場を設けることで、これまで資生堂と接点がなかった人にも必要な製品や美容情報を提供することを狙う。また、この体験により実際の店舗でBCによるカウンセリングを受けるきっかけとなることも目指していく。

 「ビューティー・クラウド・コンサルタント」は、「肌や唇の色から似合うカラーの提案」と「顔を解析し、バランスがとれるメイク提案」の2つのコースを用意。画面上のBCからの質問にタッチパネルで回答し、回答内容に応じておすすめのカラーやメイク方法などを提案する。提案内容はQRコードを通じて自身のスマートフォンでも確認可能。画面上のBCは利用者と目線が合うように調整されており、等身大で表示する。また、登場するBCはCGではなく実在のBCのため、もてなしのしぐさや笑顔を織り交ぜて接客されるのが特徴だ。さらに利用者がいない時にはカウンターを清掃している映像などが入り、すぐそばにいるようなリアル感を演出。今後は、顧客の利便性や満足感をさらに高めるためにコースや表示BCの数を拡充する。