ニュース

「アディダス スケートボーディング」がマーク・ゴンザレスとコラボ 限定モデル第2弾

 「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBOARDING)」は11月2日、“ゴンズ”の愛称で知られるスケート界のレジェンド、マーク・ゴンザレス(Mark Gonzales)とのパートナーシップ20周年を記念した限定モデル“アロハ スーパー(ALOHA SUPER)”の第2弾を発売する。価格は1万2000円で、「アディダス」公式オンラインストア、スケートボードショップのFTCトウキョウ(FTC TOKYO)、「シュプリーム(SUPREME)」渋谷店などで取り扱う。

 同スニーカーは、1991年に公開された動画「VIDEO DAYS」でマークが伝説的なオーリーを行い世界的に有名なスケートスポットになった、米・サンフランシスコのラウル・ウォレンバーグ・トラディショナル・ハイスクール(RAOUL WALLENBERG TRADITIONAL HIGH SCHOOL)にオマージュを表して製作する。

 スエードとレザーを組み合わせ、サーモンピンクの“シュムーフォイル(マークが「アディダス オリジナルス」のロゴをエンジェル風に描いたキャラクター)”の刺しゅうと、ブラックの“3ストライプ”を施す。カラーリングは、「VIDEO DAYS」内のウォレンバーグに差し込む夕日をサーモンピンクで、ウォレンバーグのアスファルトをブラックでイメージして用いる。

 “アロハ スーパー”は、アーティストでもあるマークが98年に独・ブラウンシュバイクの美術館内で行った、スケートパフォーマンスで着用していたフェンシング用シューズ“アディスター(ADISTAR)”をベースに製作している。