ファッション

志風音が「マーク・ゴンザレス」日本市場のマスターライセンスを取得

 志風音はこのほど、スケートブランド「マーク・ゴンザレス(MARK GONZALES)」を運営するアメリカのトゥルマイズ(TULUMIZE inc.)と、日本市場におけるマスターライセンス契約を締結した。契約締結発表にあたって同氏による新たなアートワークの一部を公開した。

 同ブランドは、アメリカのプロスケートボーダー兼アーティストであるマーク・ゴンザレスによるもので、同氏は「シュプリーム(SUPREME)」のアートワークや「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBOARDING)」とのコラボレーションなどを手掛けている。

 志風音は今後、トゥルマイズと連動しながら、ゴンザレスが描き下ろしたアートワークをベースにブランドを運営していくという。志風音が商品の企画・生産・販売を担い、2022-23年秋冬シーズンから販売開始する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら