ファッション
連載 YOUTH

日本人初の快挙 「アディダス スケートボーディング」から三本木心のシグネチャーモデルが登場

 アディダス(ADIDAS)のスケートボードブランド「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBOARDING)」は、日本チーム所属のライダー三本木心のシグネチャーモデル“マッチブレイク スーパー バイ シン サンボンギ(MATCHBREAK SUPER BY SHIN SANBONGI)”を2月8日に発売する。価格は8990円で、ビームス(BEAMS)のほか、FTC トウキョウ(FTC TOKYO)やスポタカ(SPOTAKA)など全国のスケートショップで取扱う。

 1998年創設の「アディダス スケートボーディング」はこれまで、マーク・ゴンザレス(Mark Gonzales)やデーウォン・ソン(Daewon Song)、タイショーン・ジョーンズ(Tyshawn Jones)、デニス・ブセニッツ(Dennis Busenitz)ら国外のスケーターのシグネチャーモデルを数多く発表してきたが、日本人ライダーのシグネチャーモデルを発売するのはこれが初めて。また、三本木にとっても自身初のシグネチャーモデルとなる。

 ベースとなったのは、ヴァルカナイズド製法で作られたスケートシューズの新作“マッチブレイク”で、レザーをベースにプレミアムスエードのトゥキャップとガムソールを組み合わせたもの。カラーリングは日本人の三本木らしく日の丸をイメージし、ヒールにはゴールドで“SANBONGI”の文字があしらわれている。

 なお10日には、ブランドの公式YouTubeチャンネルに三本木のスケートフィルムが公開される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。