ファッション

オンワードが環境に配慮した新シューズブランド 植物成分を原材料にしたサンダルなど

 オンワードラグジュアリーグループ(ONWARD LUXURY GROUP以下、OLG)は、環境に配慮した素材を使用した新シューズブランド「カルロッタ レイ(CARLOTHA RAY)」を2020年春夏シーズンからスタートする。デザインは、食器ブランド「レイノー(RAYNAUD)」などを手掛けるマリエラ・シュワルツ・モンティエル(Mariela Schwarz Montiel)が担当し、イタリアで生産する。

 20年春夏物はマダガスカル産の天然ゴムをはじめ、海藻や薔薇、卵の殻、米、植物オイル由来の植物成分などを原材料にしたサンダル5型を販売。価格帯は1万4000〜1万6000円。ロンハーマン(RON HERMAN)やエストネーション(ESTNATION)、ロク(ROKU)、高島屋日本橋店などで取り扱う。

 OLGは13年に親会社オンワードホールディングスがイタリアのジボ(GIBO)とイリス(IRIS)を統合して設立。「OAMC」などを手掛けるほか、19年には新たに環境に配慮した素材を使ったファッションブランド「フォワード(F_WD)」をスタートさせた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら