ファッション

トレンドの自然を感じさせるアイテムが豊作 「ディオール」2020年春夏バッグ&シューズ

 「ディオール(DIOR)」2020年春夏コレクションの着想源となったのは、ムッシュ・ディオールの妹であるカトリーヌ・ディオール(Catherine Dior)の写真だ。マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuli)=アーティスティック・ディレクターは、庭師でもあったカトリーヌが手入れをしていた庭園の植物やそこに生息する生物からイメージを膨らませた。また、会場セットも園地栽培に取り組むアーティスト集団のアトリエ コロコとの協業。テントの中に原産地が異なる木々を配し、森を再現した。そんな自然に溢れるムードはアクセサリーでも顕著で、草花モチーフや天然素材、優しい色使い、ガーデニングを想起させる要素が散りばめられた。

 バッグで目を引いたのは、繊細な草花の刺しゅうが施された“サドルバッグ”や“ブック トート”。ガーデニング用のツールバッグ風を思わせるビッグトートは、性別を問わず支持を集めそうだ。また、メゾンを象徴するデザインの再解釈として、キャンバス地に“カナージュ”パターンを取り入れたアイテムも新登場。“レディ ディオール”(予定価格48万円)と“ブック トート”(同28万5000円)で提案する。それだけでなく、“ブック トート”のバリエーションは、トワルドジュイやストライプ、千鳥格子、淡いカラーグラデーションといったウエアに呼応する柄のファブリックや単色のレザーなど今季も豊富。フロントを飾る「C」と「D」の大きな金具が特徴の“トロント モンテーニュ”ラインのバッグやレザー小物も、種類が増えつつある。

 シューズの中心となるのは、ジュート(黄麻)を用いたエスパドリーユやサンダルといったエフォートレスなアイテム。タッセル付きのロープのようなストラップを足首に巻くスタイルが印象的だ。その他のデザインでもフラットソールもしくはローヒールのアイテムが多く、ガーデニングやアウトドアのイメージにつながるラバーブーツやレースアップブーツもある。ブーツに施されたカットアウトは、20年クルーズ・コレクションのブーツに見られたフィッシュネットのデザインを発展させたものだ。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら