ビジネス

オンワードがイタリアの新進シューズブランドと契約

 オンワードラグジュアリーグループ(ONWARD LUXURY GROUP以下、OLG)は、伊新進デザイナー、サミュエル・ファイリ(SAMUELE FAILLI)が手掛けるフットウエアブランド「サミュエル・ファイリ」とライセンス契約を結んだ。OLGは同ブランドの製造と販売を請け負う。

 ファイリはOLGについて「立派な大手グループと提携でき、非常にうれしく思う。すでに素晴らしい仕入れ先も紹介してもらっており、製品カテゴリーの幅も広がりそうだ」と話した。

 ファビオ・ドゥッチ(Fabio Ducci)OLGシューズ部門責任者は同ブランドの事業展開については、「米国ではすでに好評を得ているので、さらに力を入れていきたい。新規市場の開拓も検討しており、日本、韓国、中国などアジア市場を考えている」と語った。ニューヨーク、パリ、ミラノ、東京の自社ショールームを通じて販売していくという。また「サミュエル・ファイリ」の生産を担うエクスクルーシブ(EXCLUSIVE)が同ブランドの株式3割を所有している点については、「エクスクルーシブはすでに当社のネットワーク内にある製造業者であり、今後も『サミュエル・ファイリ』や他ブランドの生産拠点として重要な役割を担う」と話した。

 サミュエル・ファイリはロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、04年にプラダ グループ(PRADA GROUP)に入社。11年に退社し、ロンドンの「トム フォード(TOM FORD)」やパリの「サンローラン(SAINT LAURENT)」で経験を積んだ。その後、「アライア(ALAIA)」のヘッド・フットウエア・デザイナーを務めた。16年に「サミュエル・ファイリ」を立ち上げ、17年2月にミラノ・ファッション・ウイーク期間中にコレクションを発表。立体的な装飾が施されたアンクルブーツやエレガンスと履き心地のよさを備えたフラットシューズなど全ての製品の靴底に、ブランドのシグネチャーコインが施されているのが特徴だ。

 「サミュエル・ファイリ」は、ミラノのアントニア(ANTONIA)、英ハーヴェイ・ニコルズ(Harvey Nichols)、米バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)などの高級小売店や、英ラグジュアリーECサイト「マッチズファッションドットコム(MATCHESFASHION.COM)」で販売されている。価格は450~600ユーロ(約5万8000~7万7000円)。

 OLGは13年に親会社オンワードホールディングスがジボ(GIBO)とイリス(IRIS)を統合して設立。「ジル・サンダー(JIL SANDER)」や「シャーロット オリンピア(CHARLOTTE OLYMPIA)」「ラ・メゾン・モロー(LA MAISON MOREAU)」などのブランドを傘下に置く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら