ニュース

フェローズが英「ロンズデール」の独占ライセンス契約を締結

 フェローズは、イギリスのスポーツ・ライフスタイルブランド「ロンズデール(LONSDALE)」の日本におけるマスターライセンス権を取得した。9月に英インターナショナル ブランド マネージメント リミテッド(INTERNATIONAL BRAND MANAGEMENT LIMITED)及びロンズデール スポーツ リミテッド(LONSDALE SPORTS LIMITED)と契約した。

 2019年春からスポーツ及びカジュアルウエアからアンダーウエアやバッグ、帽子、靴下などの雑貨まで、トータルに展開する。その後、ジムウエアや水着、サウナスーツ、ダンスアパレルなどに加え、タオル、シューズなどのライセンス展開も計画しており、3年後は小売ベースで売上高20億円を目指す。なお、インポートアイテムを展開する予定はなく、アイテムの価格帯も未定。

 フェローズは「ロンズデール」のライセンス展開に関して、キタムラトレードサービスとフェローズとともにライセンス拡大につとめるライセンス・パートナーシップ契約、レインボーワークスとプロモーション契約及びセレクト・専門店向けアッパー商材のサブライセンス契約を結んだ。また、量販店向けの帽子、アンダーウエア、靴下でギャレットと、バッグ、アパレルでファインプラスとサブライセンス契約を結んだ。

 「ロンズデール」は1960年にプロボクサーであるバーネット・ハート(Barnet Heart)によって設立。同年、ロンドンのビーク・ストリートに店舗をオープンした。ブランド名は、1891年に史上初めてグローブ着用のボクシングマッチを行ったロンズデール伯爵に由来する。現在はロンドンを拠点にヨーロッパ、オセアニア、南アフリカ、東南アジア、日本などで販売している。