ファッション

アディダスツアーで来日 ゴンズとブロンディが語るスケート、ファッション、カルチャー

 「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBORDING)」は10月15日と19日、東京と大阪で「アウェイ デイズ チーム ツアー(AWAY DAYS-TEAM TOUR)」を開催した。これは、今年5月に公開したスケートフィルム「アウェイ デイズ(AWAY DAYS)」に参加したライダーと各都市のスケートコミュニティーやファンの交流を目的としたスケートボードデモツアーで、過去に全米の7都市でも開催された。今回は、ゴンズの愛称で知られるマーク・ゴンザレス(MARK GONZALES)を中心に、デニス・ブセニッツ(DENNIS BUSENITZ)や「シュプリーム(SUPREME)」クルーのナケル・スミス(NA-KEL SMITH)、「パレス(PALACE)」クルーのブロンディ・マッコイ(BLONDEY MCCOY)らが来日。マークとブロンディに聞いた、彼らの思うスケートやファッション、カルチャーとは?

WWDジャパン(以下、WWD):今回のツアーの具体的な内容は?

マーク・ゴンザレス(以下、マーク):スケーターのデニス・ブセニッツがアディダスとパートナーシップを組んで10周年だからみんなでお祝いも兼ねて来日した。ツアーは東京だと歌舞伎町にスケートパークを作って、スケートで障害物を越えたりするデモンストレーションをやるんだ。

WWD:日本のスケートカルチャーについてどう思うか?

マーク:去年出版された「JUDO AIR」(フォトグラファーの樋貝吉郎による写真集)は、日本のスケートカルチャーを写した素晴らしいドキュメンタリーだった。それを見れば日本のスケートの歴史がよく分かるよ。

ブロンディ・マッコイ(以下、ブロンディ):俺はまだ日本に来たばっかりだから想像だけど、基本的に世界中の人たちがどんな場所でも共通した気持ちを持ってできるスポーツがスケートボードだと思う。だから日本には親近感があるよ。この後、近くのスケートパークに行く予定だから日本のスケーターたちとも会えるかもね。

WWD:スケーターのファッションについてはどう思うか?

マーク:常に進化しているものだから何が人気あるとかポピュラーなのかとか分からないけど、どのスケートブランドも人気があるから好きになる人もいれば、人気があっても好きにならない人もいるんだ。好きなモノなんて人それぞれだから、決めつける必要もないしね。今はパーティーだったりファッションだったり、スケートボードから派生した新しいカルチャーが増えていて、実際にはスケートをやらない人も親しみを感じてくれている。今のスケートシーンはすごくいい状態だと思うよ。

ブロンディ:スケーター自身が他の文化からファッションを取り入れて、カルチャーを作り上げていったんだから、みんながスケーターのファッションに興味を持ったり、真似をしたくなるのは自然な流れだよ。大事なのは自分自身を表現するのに何が一番良くて、気分がいいかってこと。マークも言ってるけど、いろんな派生カルチャーが出てきているんだからスケーターのファッションはコレだって限定しないでもっとオープンでいいんじゃないかな。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら